--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ち遠しいタバコ&映画じかけのカクテル

2011年05月07日 12:40

国産タバコの愛煙家には辛い時期となりました。
なんせJT製タバコの殆どが品薄状態だし。
大地震の影響なので、今は復興とともに生産再開されることを祈るばかりです。

それにしても、いざこのような状況になってみると、好きな銘柄の代替品ってあるようでないもんだなと実感します。
輸入品も加えるとかなりの種類がありますが、これなら乗り換えてもいいな・・・という銘柄はあまりないのが現状。

海外のタバコメーカーもこの機に乗じて様々な戦略を立てているようですが、そんな中でフィリップモリスジャパン(PM)がいいこと言っていますね。

<Yahoo!ニュースから>
PMは「日本は世界有数のたばこ市場。シェア獲得よりも安定的に商品を供給し、市場の健全化を保つことが重要だ」と、供給不足による消費者のたばこ離れを警戒する。
【こちらが全文】
これが本音かどうかは分かりませんが、大地震により影響を受けた日本国民の心理、マーケットの特性、今後の動向等を加味し、冷静に判断した上での発言なんでしょうね。



話は変わり、只今ホテルグランヴィア広島のメインバー[May Flour]では、「映画じかけのカクテル」と題し、映画に因んだカクテルを提供しておられます。
このお題はもちろん、スタンリー・キューブリック監督の「時計じかけのオレンジ」をひねったものですが、ちと興味をそそられました。

映画に因んだ10種類のカクテルは以下のとおり。

●アメリカン・ビューティー
●アパートの鍵貸します
●レオン
●ローマの休日
●カクテル
●バック・トゥ・ザ・フューチャー
●仁義なき戦い
●セックス・アンド・ザ・シティ
●パイレーツ・オブ・カリビアン
●タイタニック

この中から、昨夜は「パイレーツ・オブ・カリビアン」を一杯いただきました。
ラムベースのカクテルですが、他に何が入っていたかは忘れました。
程よい甘さと酸味のバランスがよく爽やかな仕上がりです。これから暑くなるシーズンには合いますね。
23050601.jpg
見た目もエメラルドグリーンですから、まさにカリブ海をイメージしながらいただくのにはピッタリです。
カリブ海を見たことなどありませんが(笑)。

それと、ベースとなるラム酒のボトルが海賊のデザインなんですね。
これは面白いなと思いました。
23050602.jpg

上記のカクテルは、映画のストーリーを紹介した別メニューを用意しておられるので、こちらを読み進めながらゆっくりと飲むのも一興かと思います。
23050603.jpg


ちなみに「パイレーツ・オブ・カリビアン」を選んだ理由は、最新作(生命の泉)の上映が近いから・・・ってただそれだけの理由だったりして。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jazzmix.blog9.fc2.com/tb.php/78-9ce4c47e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。