--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムマネジメント

2012年07月30日 23:50

会社でよくあるやりとりで、「時間がありません」に対し「時間は作るもの」という返しがあります。
実は私、この「時間を作る」という考え方があまり好きじゃなかったので、他にもっと現実味のある考え方は?と、頭を整理してみました。


少し固い話になりますが、1日24時間と時間の流れは全ての人に共通・平等で、作れるようなものではないんですね。本当に時間を作れる人がいたとしたら、それは人を超越して神になっているでしょう(笑)。
「時間を作りました」っていうのは実際のところ、モノゴトの優先順位を変えてるだけだったりします。

そんなわけで、「時間を作って○○をしました」なんて報告を聞くと、○○は出来たかもしれないが他に未完了の仕事を抱えてるな・・・と思いますし、後で探りを入れると予想通りだったりします。


さて時間をどうするか・・・です。
作るというより「集める」といった発想の方が無理がなくていいんじゃないでしょうか。
一番簡単な集め方は「応援」ですね。
1人で無理なら2人です。

もちろん応援で全てが解決するわけはないですし、応援を要請しようにも他の人も余裕がないってこともあるでしょう。
それでも「時間を作れ」なんていう曖昧な指示よりは現実味があります。
応援に不向きな自己完結型の仕事であれば、他の手付かずの仕事を手伝ってもらうという手もあります。

実際に「時間を作れ」なんて言われて、快く「はい♪」と言える人がどれだけいることか。
大概の人は悩むんじゃないでしょうか。


で、整理してみた結果、やっぱり時間は作れません(笑)。
それと「時間を作るように」と指示している人って、精神論で丸め込もうとするタイプが多いように思えます。
作れんものは作れんのですから、優先順位を変えるとか、応援要請するとか、納期を見直すとか(これは最終手段か・・・)、冷静になって現実味のある指示を出すべきでしょうね。


それと、頭の中の整理ついでに・・・

身の回りを見ていて、人一倍仕事をこなしている割にあまり忙しくなさそう・・・こんな人がいます。
実際、「これできそう?」なんて聞いても「大丈夫」という返事だったり。
こういった人物を観察したり話を聞いてみると、共通して時間管理がしっかりしています。
何時までにこれを仕上げる、次にこれを何時までにする。出来ないときは早めに見切りをつけて応援を頼む、とか。
それと、力の入れどころ、抜きどころがよくわかっていて、仕事にメリハリを付けているのも共通点かな。
要領よく理性的な人でもありますね。

逆だと、あぁ!もうこんな時間!どうしよう!あれも出来ていないし、これもやらなくちゃいけないし・・・と、毎回こういうパターンで、こんな人も沢山います。

前者の場合、「時間がない」というセリフを聞くことはあまりありませんが、後者の場合はしょっちゅうで、しかも即答。
「どうやってやるか?」なんて一瞬たりとも考えてくれなかったり^^;


「そんなこといきなり言われても時間がありません!」
なんてことを言わなくて済むように、日頃から余力を生み出す努力も必要なんでしょうね~。
まぁ私のことなんですけどね。


【ダワーズ・バーのライターです】
24072801.jpg
ブログの内容とは無関係ですが、忙しい毎日ですから、たまにはバーでゆったりした時間を過ごすのもよいですね。カラーバリエーションも増え、デザインも少し変わっていたので貰っちゃいました。

イカすでしょ。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。