--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報セキュア

2010年09月26日 21:19

先日、社内モニタリングによる検査が行われた。
様々な指摘事項が挙げられる中で感じたのが、情報セキュリティに関する認識の甘さである。
前の部署では専門的に取り組んでいたので、知識と意識は十分にある・・・と思っていたが、
実践できていなければ意味が無いな。

セキュリティに関する意識付けは、落とし込みに結構な時間がかかる。
現実には起こりそうもないことを想定し、マニュアル化し、そして実践するのが情報セキュリティ
であるため・・・

「そんなところから情報は漏れないって」
「この程度の情報が漏れたところで影響は殆どないでしょ」
「バックアップ?あぁ・・・やってないわ(笑)」

と、大概の社員はこんな具合である。つまり面倒くさいのだ。
でも、その起こりそうもないことが現実にあちこちで起こっているんだから仕方ないよな。

それと少し視点を変えてみると、今やセキュリティ強化は「金になる」時代なのだ。
金になるものは注目度も高いので、自然高レベルな取り組みを求められる。
人並みレベルでありがちなことにだけ対応する・・・なんてのはもはや論外なのかも。

何ともやりにくい世の中になったが、付き合っていくしかないね。
一滴の水も漏らさぬぞーの意気込みで^^;
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。