--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイフラワー その2

2010年07月22日 23:25

前回に引き続き、会社の飲みの2次会にメイフラワーを利用。
2次会といっても今日は一人。

本日はグレンフィディック(GlenFiddich)18年でリラックスした後、スキッとするやつで味覚と嗅覚に刺激を与えた。
H220722-01.jpg


<アードベッグ・スーパーノヴァ>
H220722-02.jpg


アルコール度数60.1%のスコッチウィスキー。
詳細はおって調べるとして、初飲みの感想は・・・まずピート香が強烈です。
といっても決して引いてしまうほどの香りではなく、ここまでやってくれると「爽やか」としか言いようがないなといった感じ。
アイラモルトの独特の「海の香り」も十分に満喫できる。

で、味はというと、以外にも「男臭さ」ではなく「清々しさ」を感じるすっきりとした味わいでした。
少しバニラっぽい味も感じたし、アルコール度数や香りの割りにはソフトなイメージ。
ストレートや水割りも試したかったけど、度数が度数なだけに直ぐに泥酔するなぁと思い今日は一杯だけ。

続いて、少し贅沢をしてグレンフィディックの30年をストレートで堪能。
ここのバーは、香りが飛ばないようちゃんとしたグラス(ワイングラスのようなやつ)に注いでくれたので嬉しかった。
正統派のバーでは当たり前なのかもしれないけど、そうでないところも沢山あるしなぁ。

夏場は何かと飲むことが多いので、そろそろ2次会用にボトルキープするかな?と思った今日この頃。
お酒は美味しく楽しく飲まないとね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。