--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとう!藤井・垣岩ペア【バドミントン女子ダブルス】

2012年08月05日 13:53

藤井・垣岩ペアの女子ダブルス、銀メダルおめでとうございます!。
バドミントン界の悲願達成ですね~。すばらしい。

しかし・・・過ぎたことを言っても仕方ありませんが、1セット目にうまくペースを作れなかったのは残念でした。
このセットを落としても、競り合うゲームが出来たら2セット目は取れていたかもなぁ、なんて思ってしまいます。
と、勝手なことを言っていますが、それだけ応援する私も力が入ってたんですね。

中国側も鍛えられた素晴らしいプレーでした。
優勝が決まった瞬間、感極まって泣いていましたが、それだけここまでの道のりが楽ではなかったということでしょうね。
どちらにも心からエールを送りたい。これからも頑張って!。



一方、バドミントンの話題だと「無気力試合」がありましたね。
あまり詳しい記事は見ていないのですが、あれだけの大観衆の中で、しかもオリンピック出場を果たした実力者が、自分の意思だけで無気力プレーなんて出来るものでしょうか?。

出来るわけがない、と私は思いたいな。
いわゆる「上」からの指示で仕方なくやった、と思いたい。

オリンピックでメダルを獲得するとかしないとかは、あくまで個人とその関係者のことであって、それ以上の存在が不必要に関与するべきじゃないんですよね。
国の威信をかけて・・・なんて言葉がよく使われますが、戦争やってんじゃないんだから。


と、この話題で少し熱くなっているのには訳があって、話は私の高校生時代に遡ります。
母校の某クラブ活動が全国優勝したことがあって、それ以来、町をあげての応援体制(?)に入ったんですね。
町にはそのクラブ活動にちなんだ施設が建てられるわ、全国に向けてのPRはするわで、なりふり構わない「便乗」でしたよ。
結果を出したのは部員と先生で、少し広げたところでその家族どまりなのに、その便乗の仕方といったら醜悪そのものでした。
当時高校生だった私やその友人達は「"たかり"みたいなもんや」と冷ややかに見ていたのを覚えています。
結局、もともと田舎町ですから過疎化によって学生の人数も減り、部員数も減り、後には大して使いもしない施設と借金だけが残ってしまいました。
そのクラブ活動の発展に直接影響するものの方が少なかったように思えます。


ということで(無理やりまとめますが)、あまり外力が働きすぎると今回のような「無気力試合」が生まれたり、とにかくロクなことにならない。

選手には精一杯のプレーをしていただきたいし、その姿に心からエールを贈りたい。
これで十分じゃないでしょうか。
スポンサーサイト

驚愕の真実発覚

2012年02月11日 11:37

昨夜は携帯電話の無知さ加減を知ることとなりました。

新しく買い替えた携帯電話をRちゃんにいじってもらったところ・・・


「え?これすごいお金取られてるよ?」


ん?何のこと?俺には分かりません。
解説をお願いしたら、どうやらiモードからダウンロードした着メロやゲームの料金がず~~~っと引かれていたみたいで、毎月2,000円以上は無駄にお金を払っていたようです。
(全く使っていないのに・・・)

むぅ~そうだったのか。
料金はダウンロードしたときだけ発生するかと思ってたもんねぇ。
後でざっくり計算したら、年間27,000円くらい無駄に払っていたよ・・・とほほ。

ついでに解約も全部Rちゃんにしてもらい、本当に感謝でございます<(_ _)>

これからは気をつけます(汗)。

アレが出た

2012年01月29日 06:34

アレとはこれ(↓)のこと。

24012901.jpg
先週、病院に寄った際に処方してもらった咳止めシロップですが、飲むのは30年ぶりくらいじゃないかな。
実際に飲んでみると子供の頃と変わらぬ味で、何とも懐かしい気分になりました。

風邪のタイプにも色々ありますが、喉がヒリヒリしはじめたら要注意かも。
扁桃炎になってしまい、かなり苦しんだ知り合いもいます。
私も昔経験しているのですが、あれはしんどいですわー。
(放置しすぎて入院する羽目になりました)

プレ総括@2011

2011年12月18日 14:28

久々のブログ更新です。
今年も残りわずかとなったので、少しだけ総括してみます。

【1月】
<記録的な大雪>
山陰地方で記録的な大雪となり、正月休みで鳥取県へ帰省していた上司のことが心配でした。
広島に戻って来れるのかな?....と(笑)。


【2月】
海外の出来事ですが、ニュージーランド大地震が印象に残っています。


【3月】
<東北地方太平洋沖地震>
仕事もプライベートも比較的穏やかなスタートだった2011年ですが、やはり3.11の「東北地方太平洋沖地震」は忘れられない出来事となりました。
現地の方々の安否やその後の復興状況、原子力発電の是非。過去にも書きましたが、今後、各分野のパラダイムに大きな変化を及ぼすのではないかと思います。
国内はもちろん、海外からの支援・応援もすごかったですが、身近なところでいうと、近所のコンビニの募金箱に1万円札が何枚も入っていることに驚き、そしてじわ~っと感動しました。
やはり困ったときはお互いさまですよね。

書けばキリのない出来事だったのでここまでとして、次にいきます。


【4月】
<SONYの個人情報流出>
東北地方太平洋沖地震の状況を気にしつつも、印象に残ったのは「SONYの個人情報流出」です。
「個人情報の保護に関する法律」を遵守するべく各企業とも血道をあげているわけですが、そんな中、業界大手のSONYで約7,700件の情報漏えいはインパクトの強い出来事でした。


【5月】
<東京・立川の強盗事件>
なんと6億円以上の被害額で、史上最悪な強盗致傷事件として報道されていました。
6億円というとすごい金額ですが、サラリーマンの平均的な生涯賃金の2人分程度であり、現金ですから洗浄しないと使えない事情もあります。
派手に使うとすぐに足がつきますしね。
奪ってはみたものの処分に困っているのが犯人側の実情だったりして。


【6月】
<訃報>
同じ部署で働いていた社員が亡くなられました。
職制上、私が上司になりますが、部下の訃報とはこんなにもショックなものか・・・と思いました。
まだまだ活躍できる方だっただけに残念でした。


【7月】
<地上アナログテレビ放送の停波>
やはり地上アナログ放送の終了かな。TVの歴史も変わりましたね。
あと、ワールドカップでの「なでしこジャパン優勝」も印象的でした。サッカーにはあまり興味がありませんが、このときばかりはスポーツニュースが気になっていましたね。
スーパークールビズなんて言葉もこの頃には当たり前になってきてたかなぁ。
ちなみにこの月に異動があり、新たな業務に就くことになりました。


【8月】
<野田内閣誕生>
海江田氏を破って野田氏が民主党代表に・・・と書いてはみたものの、個人的には「米国債ショック」の方が印象に残っています。
過去ずっと最高ランクに君臨していたアメリカ国債が始めて「格下げ」となり、デフォルトの危険性が高まりました。
結果として超ドル安になり、相対的に超円高にもなりました。というか超円高には東日本大震災も影響しているのですが。
いずれにせよ、自国の通貨が強くなってしまうと色々と不都合が多い日本って・・・。

個人的なことといえば、他部署の業務に問題が発生(新規業務の処理が遅延している)したため、プロジェクトを立ち上げて処理することとなり、そのメンバーに選ばれてしまいました。
(先月異動したばかりなのになぁ)
出社後あいさつを済ませるとそのままプロジェクトへ出向くため、デスクは常に空席の状態でした。


【9月】
例年どおり(?)に台風が猛威を振るった月でした。
国民新党との連立による野田内閣の正式発足も9月でした。


【10月】
<Appleの創業者、スティーブ・ジョブス会長の死去>
Macintoshは使ったことがないものの、そのデザインには昔から憧れていました。
本当のパーソナルコンピュータとはこういうものをいうんだろう、なんて思っていましたしね。
ちなみにジョブス氏の亡くなった10月5日は私の誕生日でもあります。


【11月】
<TPPなど>
この月、あの「オウム真理教事件」の全公判が終了しています。私のような世代の人間には忘れられない事件でしたね。
それと、日本のTPP参加についての議論が白熱化してきたのも11月初旬頃だったような気がします。
TPPについて総合的に考えると、それなりの経済的メリットもあるのでしょうが、あくまでも予測の範囲でのこと。
やはり国内農業の衰退や食料自給率の低下は何としても食い止めなければならないと思います。
食っていくには国外から農作物を買うしかない、という状況を作ってしまうと、農作物を外交カードに使われてしまう・・・なんてことも出てきますしね。

様々な意見の中には「関税に保護されてきた日本の農家は、TPP参加を機会に効率性の向上などを見直すべきだ」なんていうものもありましたが、高齢化が進み跡継ぎ問題に悩む農家にそれは無理というものでしょう。

仕事面では、結局プロジェクト業務の一部を引き継ぎ、またしても異動となりました。
定期的な人事異動はあるものの、数ヶ月の間に2回部署を変わるのは始めてのことで、かなり疲れました。


【12月】
<きずな>
毎年恒例の今年の漢字は「絆」。
振り返ってみると確かにそうだなと思います。


"少しだけ総括"とは言いながら少し長い文章になりました。
これから仕事もプライベートも最繁忙期を迎えるので、病気や事故のないよう元気に過ごしたいものです。

一週間を振り返ってみる

2011年07月10日 11:02

遅まきながらこの一週間を振り返ってみる。

「え...?」と驚くやら呆れ返るやらで、言葉を失ってしまったのが松本復興省の発言。
過去の経歴からするとそれなりの"力"はある方なのかもしれませんが、一介のサラリーマンの目からしても"子供?"と言わざるを得ない発言でした。

論理的な考え方が苦手で、感情の赴くままに行動・発言してしまうタイプの人物なのでしょう。
それにしても、よりによってこんな人が復興大臣とは...。

結局「暴言辞任」といった結果になりましたが、本人の責は言わずもがな、任命責任は重いでしょうね。
権限・権力等、所謂「力」とは、その使い方を知っている人にのみ与えられなければならない。
そうあってほしいんですよ。


もう一つ、九州電力の「やらせメール」について。
この"やらせ"については課長クラスの社員が子会社へ依頼していたらしいですが、この規模の会社の課長というと経営陣にほど近いポジションになるはずです。
その社員がコンプライアンス違反をしているのですから呆れるほかありません。
それと、憶測ですが、課長クラスであればその大半はプロパー社員なのでは?と思います。であれば、末端の社員も含め社内全体にこのような悪しき風土が根付いているのではないでしょうか。

再生・復興が必要なのは、何も被災地に限ったことではないと思いました。
人間、利権が絡むと何をやらかすか分らんしなぁ。(恐らくは俺も)


原発問題については、東北地方の大震災以降これまで以上に取りざたされ、今度どうなるのか?と気にはなりますが、国民の安全以上に"経済の発展"に重きを置く国(というか国民性)ですから、ほとぼりが冷めれば当たり前の電力供給源として稼動しているのかもしれません。

そう考えるとエネルギー問題って厄介だよなぁ。
火力、水力、原子力・・・どれをとっても人や環境にやさしいものはなく、必ず自然を破壊して作るものですし、太陽光発電にしてもその装置を作るためのエネルギーは「太陽光」じゃないんですから。
結局どこかで妥協するしかないんですよね。
エネルギーの供給を望む以上、「これなら多少の自然破壊やリスクを背負っても構わない」といった妥協。
これから先、ずっとこの妥協を繰り返していくんでしょうね。我々人類は。


と、ここまで書いたところで、「宮城で震度4 M7.1、沿岸部に50センチの津波注意報」という速報が入りました。
大きな被害が出ていないことを祈ります。




さて、自分に似合わない大きなテーマで書きましたが、3月11日以降、パラダイムシフトといってもよいくらい世の中の価値観が変わりつつあるような気がしています。

これから10年先、どうなっているかな?と考えてしまう今日この頃。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。