--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【債務不履行】お金にまつわる話

2012年09月25日 22:08

たまには少し真面目な話題でも。

最近、「給料の未払い(不払い)」や「支払い遅延」に関して知人と話する機会がありました。
資金繰りに困っている零細企業で社員への給与支給が滞っている・・・なんていうケースですが、このことについて少し触れてみたいと思います。

前置きとして、経営状態の良し悪しに関係なく、社員や従業員は労働の対価として給料を受け取る権利があり、経営者は支払う義務があります。

間単に書くと・・・
 ・給料を支払う側 → 義務がある → 債
 ・給料を受取る側 → 権利がある → 債
と、こうなります。

しかし、この義務を果たさない経営者が世の中にはいるから呆れます。
商売や事業は「社員の力」抜きには成り立たないので、給与の未払いや遅延なんて論外です。
そして、社員への給与支給にさえ困るような状況を作ってしまったのですから、才覚がなかったということで経営者として失格です。
極端に言えば、サラ金だろうが闇金だろうが、どんな手段でもいいからお金を作って支払うべきなんですね。
経営サイドに対しかなり辛口なことを書いていますが、これらは当たり前のことなんです。


前置きが長くなりました。
ではこのような経営者に社員側はどう対抗するべきか。
まずは未払いとなっている給与について、出来る範囲で裏づけを取っておきましょう。

【出勤状況】
自分がちゃんと働いていたということを証明できるとよいです。
タイムカード等の記録があればベストですが、なければそれなりの方法があります。
もし出勤状況が記録に残らない職場なら、自己防衛策として出社・退社時間をメモに残しておくのも手です。

【支給額】
自分で計算できない場合は、給与計算担当者から教えてもらいましょう。

あと、直近3ヶ月分くらいの給与明細、なければ口座への振込みの記録(預金通帳)もあるとよいです。
これらは直ぐに必要とはなりませんが、後述する「支払督促」の際には役立つはずです。


材料がしっかり揃ったら、次に給与支払についての「請求書」を作って経営者(債務者)へ渡しましょう。
請求書の文面までは触れませんが、誰が・誰に・いくら(金額)を・いつまで・どういった理由で請求するのかきちんと書いておきましょう。もちろん請求年月日(請求書を書いた日)も忘れずに。
もし手渡した後「そんなもの知らない」なんてトボけられたら、そのときは内容証明郵便を使う手もあります。

ひとまず請求書を受け取った経営者がどうするかです。
ここできちんを支払ってくれたら(というかそれが当たり前)よいのですが、そうでないときは法的手段をとりましょう。

ここでオススメなのが「支払督促」です。
小額訴訟という手段もありますが、こちらの方がよいと思います。
実際には、簡易裁判所に出向いて色々教えてもらいながら手続きすることになりますが、費用()も安いですし、割と簡単な手続きですから、必要な場合はしっかり利用するべきです。
ちなみにさっき書いた出勤状況や支給額などの資料は、この支払督促の手続の際に役立ちます。
費用は書類に貼る収入印紙の代金のみで、請求額に含めることができます)

今まで裁判所なんて無縁だったし・・・ということで抵抗がある人は、「支払督促に踏み切るぞ」という意思表示をしておくだけでも相手に対し心理効果があると思います。


長々と書いていますが、給料をもらう側(債権者)としても、じっと手をこまねいているだけではなく、具体的な行動に出るべきですよね。
今回、給料の未払いについて色々と書いていますが、貸したお金が返ってこない場合も一緒です。
何度請求してものらりくらりと逃げられてしまう場合は、「こちらも黙っちゃいないぞ」と匂わせておきましょう。

権利は権利として、しっかり行使するべきですもんね。

スポンサーサイト

"呪縛"のコスト

2012年08月15日 22:18

よく知られたことわざに「覆水盆に返らず」があります。
ちなみに四字熟語で表すと「覆水難収」なんだそうです。

ここ最近、このことわざを思い浮かべる機会が多くなりました。

仕事の話になりますが、日々の業務と並行して様々なプランが動いています。
しかし、中には全く成果の上がらないものもあります。
「えぇ~これまだ続けるの?」なんてものはどこの会社でもあるんじゃないでしょうか。


一定期間試して全く成果が上がらないものは、早めの軌道修正か打ち切りが最善だと思うのですが、どういうわけだかダラダラと続けてしまうものが多くあります。
その理由の殆どは、極めて個人的な事情であったりするから厄介です。

「これは○○部長が立てたプランだから簡単にはやめられない」なんてのがあったり。
その○○部長本人も、自ら立ち上げコストをかけて進めたプランだけに、後に引けなかったりとか。

最悪なのは、自らの判断力や企画力を過信し過ぎ・・・

「この私が練りに練ったプランだ」
「成果が上がらないわけがない」
「もうちょと続けよう」

となってしまうケースです。

こうなると会社とか組織なんてものはなく、ただ個人的な事情があるだけで、付き合う側の意識も高揚しません。
当たり前だけど成果なんて期待できんわなぁ。


それともう一つ、「もったいない」の呪縛があります。
これまでの経費や時間を考えると今更やめられない・・・という、金銭面での考え方です。
過去に費やした労力、経費、時間・・・これらを「サンクコスト」と言ったりしますが、まさに「覆水難収」で取り返せるものではないんですね。

サンクコストに縛られてしまうと、軌道修正や撤退の時期を逃してしまうので注意が必要です。
組織や個人どちらもですが、意思決定は過去に縛られず、先を見据えて素早く対応するのがベストじゃないでしょうか。

なんてことを思ったりする今日この頃。
もちろん過去を振り返ることも大事ですが。

タイムマネジメント

2012年07月30日 23:50

会社でよくあるやりとりで、「時間がありません」に対し「時間は作るもの」という返しがあります。
実は私、この「時間を作る」という考え方があまり好きじゃなかったので、他にもっと現実味のある考え方は?と、頭を整理してみました。


少し固い話になりますが、1日24時間と時間の流れは全ての人に共通・平等で、作れるようなものではないんですね。本当に時間を作れる人がいたとしたら、それは人を超越して神になっているでしょう(笑)。
「時間を作りました」っていうのは実際のところ、モノゴトの優先順位を変えてるだけだったりします。

そんなわけで、「時間を作って○○をしました」なんて報告を聞くと、○○は出来たかもしれないが他に未完了の仕事を抱えてるな・・・と思いますし、後で探りを入れると予想通りだったりします。


さて時間をどうするか・・・です。
作るというより「集める」といった発想の方が無理がなくていいんじゃないでしょうか。
一番簡単な集め方は「応援」ですね。
1人で無理なら2人です。

もちろん応援で全てが解決するわけはないですし、応援を要請しようにも他の人も余裕がないってこともあるでしょう。
それでも「時間を作れ」なんていう曖昧な指示よりは現実味があります。
応援に不向きな自己完結型の仕事であれば、他の手付かずの仕事を手伝ってもらうという手もあります。

実際に「時間を作れ」なんて言われて、快く「はい♪」と言える人がどれだけいることか。
大概の人は悩むんじゃないでしょうか。


で、整理してみた結果、やっぱり時間は作れません(笑)。
それと「時間を作るように」と指示している人って、精神論で丸め込もうとするタイプが多いように思えます。
作れんものは作れんのですから、優先順位を変えるとか、応援要請するとか、納期を見直すとか(これは最終手段か・・・)、冷静になって現実味のある指示を出すべきでしょうね。


それと、頭の中の整理ついでに・・・

身の回りを見ていて、人一倍仕事をこなしている割にあまり忙しくなさそう・・・こんな人がいます。
実際、「これできそう?」なんて聞いても「大丈夫」という返事だったり。
こういった人物を観察したり話を聞いてみると、共通して時間管理がしっかりしています。
何時までにこれを仕上げる、次にこれを何時までにする。出来ないときは早めに見切りをつけて応援を頼む、とか。
それと、力の入れどころ、抜きどころがよくわかっていて、仕事にメリハリを付けているのも共通点かな。
要領よく理性的な人でもありますね。

逆だと、あぁ!もうこんな時間!どうしよう!あれも出来ていないし、これもやらなくちゃいけないし・・・と、毎回こういうパターンで、こんな人も沢山います。

前者の場合、「時間がない」というセリフを聞くことはあまりありませんが、後者の場合はしょっちゅうで、しかも即答。
「どうやってやるか?」なんて一瞬たりとも考えてくれなかったり^^;


「そんなこといきなり言われても時間がありません!」
なんてことを言わなくて済むように、日頃から余力を生み出す努力も必要なんでしょうね~。
まぁ私のことなんですけどね。


【ダワーズ・バーのライターです】
24072801.jpg
ブログの内容とは無関係ですが、忙しい毎日ですから、たまにはバーでゆったりした時間を過ごすのもよいですね。カラーバリエーションも増え、デザインも少し変わっていたので貰っちゃいました。

イカすでしょ。

拘束中の身です

2012年04月05日 18:17

訳あって、しばらくの間身動きが取れません^^;
ネット環境は携帯のみです。
6月後半~7月くらいに復活の予定です。

24040501.jpg

(写真はいただきものです)

ミス発覚

2012年03月20日 21:48

職場で大きなミスが発生しました。
幸い大事には至りませんでしたが、原因を探ると実に単純なミスでした。
それだけに残念でならない。


当事者は言うまでもなく、私も管理・指導責任を厳しく追求されるでしょうが、それは当然のこと。
後は再発防止のため、更に原因を追究し、改善策を策定するのみです。


明日からは幹部社員を含めた査問(みたいなもの)が始まります。
今回のミスをどう分析し、どのような改善策を出し、どう社員を指導していくか、私もじっくりと観察されます。
上昇志向が高いというか、昇進に拘る人はここで厳しく指導する姿を見せたりしてパフォーマンスしますが、私にはそういうのは出来ない。というか、そんなセコい真似は嫌だ。

私の場合、必要以上に当事者を責めるのは嫌いで(もちろん厳しく叱ることもあります)、それよりも先のことを考えたい性分です。
指導の仕方が甘いと言われることもありますが、十分に反省し、改善に向けて動き始めた当事者に向け、更に追い討ちをかける必要はないでしょう。
これをやり過ぎるとハラスメントや人格否定にまでなってしまいます。
傷口に大量の塩を塗りこむのが大好きな人がいますが、それは大人気ないというもの。


ただし、叱られる側もそれなりの心構えが必要です。
自分のミスですから、原因分析や改善策を最も真剣に考えなければならない。
他人にやってもらおうなど論外です。

それと、サラリーマン生活は長いですから、一度や二度の失敗くらいで萎縮しないことです。
殆どの企業は信賞必罰の精神ですから、次に大きな働きをすれば必ずプラス評価されます。

月並みな表現だけど、まぁ頑張るしかないよな~。
とにかくやるべ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。