--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【債務不履行】お金にまつわる話

2012年09月25日 22:08

たまには少し真面目な話題でも。

最近、「給料の未払い(不払い)」や「支払い遅延」に関して知人と話する機会がありました。
資金繰りに困っている零細企業で社員への給与支給が滞っている・・・なんていうケースですが、このことについて少し触れてみたいと思います。

前置きとして、経営状態の良し悪しに関係なく、社員や従業員は労働の対価として給料を受け取る権利があり、経営者は支払う義務があります。

間単に書くと・・・
 ・給料を支払う側 → 義務がある → 債
 ・給料を受取る側 → 権利がある → 債
と、こうなります。

しかし、この義務を果たさない経営者が世の中にはいるから呆れます。
商売や事業は「社員の力」抜きには成り立たないので、給与の未払いや遅延なんて論外です。
そして、社員への給与支給にさえ困るような状況を作ってしまったのですから、才覚がなかったということで経営者として失格です。
極端に言えば、サラ金だろうが闇金だろうが、どんな手段でもいいからお金を作って支払うべきなんですね。
経営サイドに対しかなり辛口なことを書いていますが、これらは当たり前のことなんです。


前置きが長くなりました。
ではこのような経営者に社員側はどう対抗するべきか。
まずは未払いとなっている給与について、出来る範囲で裏づけを取っておきましょう。

【出勤状況】
自分がちゃんと働いていたということを証明できるとよいです。
タイムカード等の記録があればベストですが、なければそれなりの方法があります。
もし出勤状況が記録に残らない職場なら、自己防衛策として出社・退社時間をメモに残しておくのも手です。

【支給額】
自分で計算できない場合は、給与計算担当者から教えてもらいましょう。

あと、直近3ヶ月分くらいの給与明細、なければ口座への振込みの記録(預金通帳)もあるとよいです。
これらは直ぐに必要とはなりませんが、後述する「支払督促」の際には役立つはずです。


材料がしっかり揃ったら、次に給与支払についての「請求書」を作って経営者(債務者)へ渡しましょう。
請求書の文面までは触れませんが、誰が・誰に・いくら(金額)を・いつまで・どういった理由で請求するのかきちんと書いておきましょう。もちろん請求年月日(請求書を書いた日)も忘れずに。
もし手渡した後「そんなもの知らない」なんてトボけられたら、そのときは内容証明郵便を使う手もあります。

ひとまず請求書を受け取った経営者がどうするかです。
ここできちんを支払ってくれたら(というかそれが当たり前)よいのですが、そうでないときは法的手段をとりましょう。

ここでオススメなのが「支払督促」です。
小額訴訟という手段もありますが、こちらの方がよいと思います。
実際には、簡易裁判所に出向いて色々教えてもらいながら手続きすることになりますが、費用()も安いですし、割と簡単な手続きですから、必要な場合はしっかり利用するべきです。
ちなみにさっき書いた出勤状況や支給額などの資料は、この支払督促の手続の際に役立ちます。
費用は書類に貼る収入印紙の代金のみで、請求額に含めることができます)

今まで裁判所なんて無縁だったし・・・ということで抵抗がある人は、「支払督促に踏み切るぞ」という意思表示をしておくだけでも相手に対し心理効果があると思います。


長々と書いていますが、給料をもらう側(債権者)としても、じっと手をこまねいているだけではなく、具体的な行動に出るべきですよね。
今回、給料の未払いについて色々と書いていますが、貸したお金が返ってこない場合も一緒です。
何度請求してものらりくらりと逃げられてしまう場合は、「こちらも黙っちゃいないぞ」と匂わせておきましょう。

権利は権利として、しっかり行使するべきですもんね。

スポンサーサイト

広島のFood #09 炙りもの・おばん菜 「蓮根」

2012年09月09日 06:58

ゆっくり更新ブログの食べ物編もやっとこさ9軒目。
昨夜はともちゃんと一緒に「蓮根」へ寄ってきました。
このお店は何度か訪れていますが、ブログに書くのは初めてです。

炙りもの・おばん菜とありますが、創作系居酒屋といった感じでしょうか。
店内は和モダンな造りで、照明も少し落としてあるので落ち着いた雰囲気ですね。
テーブル席もありますが、1人~2人ならカウンターをお勧めしたいところ。

今回のオーダーは・・・

【パリパリ湯葉と蓮根の豆腐サラダ】
これは美味しい。
湯葉の食感もよいですが、豆腐が結構美味しい。
24090901.jpg

【冷やしトマト】
見たまんまです。
24090903.jpg

【地だこの天ぷら】
プリっとしたタコで結構美味しいです。
個人的には衣がもう少しパリっとしていてほしい。
24090902.jpg

【炒った銀杏】
これは季節メニューかな?。
二人で殻剥きに夢中になってしまった(笑)
香ばしくて美味しいですよ。
24090904.jpg

24090905.jpg

24090906.jpg

【カマの炙り】
旬には少し早いですが、結構よい味でした。
24090907.jpg


他に印象に残る点として、店員さんの対応がよいですね。
ユニフォームも白が基調で清潔感があり、好感を持てます。

<お店情報>
炙りもの・おばん菜 「蓮根」
広島市中区堀川町4-20 タカタアレービル B1F

痩せなくちゃ

2012年08月27日 21:55

週明け。
バタバタとした一日でしたが、早めに仕事を終えることができたので、少しだけメイフラワーに立ち寄りました。
今日は久々にボトルをキープし、試飲後はササっと帰途に着きました。

【Carn Mor "STRICTLY LIMITED" CLYNELISH 1995】
24082701.jpg
モリソン&マッカイのクライヌリッシュです。
まず香りですが、バニラや柑橘系のドライフルーツが交じり合ったような感じでした。
味も香りとマッチした甘めの味わいで飲みやすく、余韻が長く残ります。
こういうのをオイリーって表現するのかな・・・?
コストパフォーマンスもよいので、しばらくはこの一本を楽しもうと思います。

【仕込みの後】
24082702.jpg
Bartender 山口氏の仕込み作業を観察。
星型に型抜きしたグレープフルーツの皮が面白いことになっていたので、一枚撮らせていただきました。
ちょっと可愛いですね。


【小豆島産の落花生】
24082703.jpg
久々にいただきました。
これ、茹でてあるんですよ。
24082704.jpg
乾き物の落花生は少しつまむくらいしか食べませんが、こいつは胃にもたれないのでパクパクいけます。
薄めのほどよい塩気でうまいですよ。




飲み食いの話はここまでにして、体重が・・・。
今夏は危機感を覚えるくらい太ってしまったので、明日からカロリー制限しつつWalk & Runを実行します。
特に出張中は運動が制限されるので、調子に乗って飲み食いしないよう注意が必要です。
がんばるぞ。

実家へ帰省

2012年08月26日 23:32

8月23日~25日の3日間、実家へ帰省してきました。
日中はかなり暑いですが、周囲が田んぼと畑で、アスファルトやコンクリートほど熱を持ちませんから日陰は涼しいですね。
それと実家は風の通り抜けがよいところに建っていますので、真夏の昼間でもエアコンは不要です。風呂上りに扇風機でもあれば十分で、かなり快適に暮らせます。
昼夜を問わずエアコンなしで生活できる環境っていいわ~。


もう少し遅く休暇を取れば稲刈りの手伝いもできたのですが、今回は中途半端な時期だったので、家の周りや近所をぶらついて過ごしました。

ということで裏庭&裏山&ご近所写真でも・・・

【稲刈り間近】
24082501.jpg
もうすぐ稲刈りみたいで、稲穂も垂れ下がっていました。
美味しい新米に期待!。


【農村の夜明け】
24082502.jpg
連休中はずっと好天で、日の出とともにジリジリ暑くなります。


【被写体になっていただいた植物の皆さん】
花、トマト、ひょうたん・・・とりあえず撮ってみた。
24082503.jpg24082504.jpg
24082505.jpg24082507.jpg
24082511.jpg24082506.jpg



 【とんぼの大編隊】
24082508.jpg
秋が近いせいか、とんぼの数がすごいです。
分りにくいので赤丸を付けてみたところ・・・やっぱりこれじゃ分らんな。
とにかく360度、どの視界にも必ずとんぼがいます。


【ブルーグレーのお洒落な奴】
24082509.jpg
ご存知「しおからとんぼ」ですが、子供の頃からこの色あいは格好いいなと思っていました。
何ゆえ「しおから」なのか分りませんが、つや消しブルーグレーのイカした奴です。


【夏空】
24082510.jpg
雲はもこもこしてますが、空の色合いがぐっと濃くなってきています。
秋が近いんだねぇ。


【栗】
24082513.jpg
実家の庭先では栗が成長中。
こいつは小さいやつですが、もっと大きいのは小さい頃によく採ったものです。
それにしてもこの「いが(とげ)」は過剰防衛過ぎるので、もう少し人にやさしい触り心地にしてほしいものだと思います。


【裏山】
24082514.jpg
子供の頃は虫取りにしょちゅう入っていましたが、今はねぇ・・・。
やぶ蚊やアブ、あと蜘蛛の巣が顔にべたっと張り付いたりするので少し敬遠気味です。
たま~にマムシがいたりする。


【夏の終わり】
24082515.jpg
愛犬(バカ犬)との散歩帰り、ふと視線を下ろすと長い影が。
夏も終わりなんだな~と思いました。


久々に朝昼晩と三食きちんと食べ、汗も流し、エアコンなしで2晩快眠。
この時期の田舎はやっぱりいいわ。
人間に戻ったような気がします。

"呪縛"のコスト

2012年08月15日 22:18

よく知られたことわざに「覆水盆に返らず」があります。
ちなみに四字熟語で表すと「覆水難収」なんだそうです。

ここ最近、このことわざを思い浮かべる機会が多くなりました。

仕事の話になりますが、日々の業務と並行して様々なプランが動いています。
しかし、中には全く成果の上がらないものもあります。
「えぇ~これまだ続けるの?」なんてものはどこの会社でもあるんじゃないでしょうか。


一定期間試して全く成果が上がらないものは、早めの軌道修正か打ち切りが最善だと思うのですが、どういうわけだかダラダラと続けてしまうものが多くあります。
その理由の殆どは、極めて個人的な事情であったりするから厄介です。

「これは○○部長が立てたプランだから簡単にはやめられない」なんてのがあったり。
その○○部長本人も、自ら立ち上げコストをかけて進めたプランだけに、後に引けなかったりとか。

最悪なのは、自らの判断力や企画力を過信し過ぎ・・・

「この私が練りに練ったプランだ」
「成果が上がらないわけがない」
「もうちょと続けよう」

となってしまうケースです。

こうなると会社とか組織なんてものはなく、ただ個人的な事情があるだけで、付き合う側の意識も高揚しません。
当たり前だけど成果なんて期待できんわなぁ。


それともう一つ、「もったいない」の呪縛があります。
これまでの経費や時間を考えると今更やめられない・・・という、金銭面での考え方です。
過去に費やした労力、経費、時間・・・これらを「サンクコスト」と言ったりしますが、まさに「覆水難収」で取り返せるものではないんですね。

サンクコストに縛られてしまうと、軌道修正や撤退の時期を逃してしまうので注意が必要です。
組織や個人どちらもですが、意思決定は過去に縛られず、先を見据えて素早く対応するのがベストじゃないでしょうか。

なんてことを思ったりする今日この頃。
もちろん過去を振り返ることも大事ですが。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。